IMG_8212.JPG

夢がある。やってみたいことがある。

そして、そこまでの道のりに大学受験があるという人にとってSラボは拠り所となるかも知れません。

圧倒的な教養に裏打ちされたこの空間では、塾生たちと講師のコミュニケーションを軸にして、賑やかに、

時にはシリアスに、一人一人の過去・現在・未来を見据えて時間が進みます。受験勉強一色になりがちな高校時代に

本格的な知的刺激の波を受けて、あなたは幅広く深い行動する知性に変貌することでしょう。

Sラボからのお知らせ

Sラボのコミュニティにあらゆる情報をお知らせするために、このセクションでは最新ニュースやお知らせ、記事などを掲載しております。以下の最新情報は頻繁にアップデートされますので、定期的にご確認されることをお薦めします。

​​合格速報 

2020年3月10日現在

12名中

 

東京大学:鈴木ゆうと

東京大学:佐々としゆき

東京工業大学:小林けんた

名古屋大学:山田ゆづき

北海道大学:田中なおや

慶應義塾大学:備海ゆうき

早稲田大学:戸田にこ
昭和大学(医学部):青木ゆうた​

上記の他

早稲田×20 慶應×12 など多数

​2020年2学期授業は9月7日開講です。

 

 

2学期の時間割を掲載いたしました。(9月3日)

 

 

コロナへの対応について

来塾前の検温とマスクの着用にご協力願います。また、オンラインでの受講も可能です。受講生・チューターの安全を最優先とし、授業時間外の受講生の立ち入りは原則不可となりますことご了承願います。

​オンラインでの受講方法

受講希望科目・曜日・時間を記載のうえ受信可能なメールアドレスをSラボにお知らせください。

 

授業当日の目安として授業開始30分前までにはオンライン授業のリンク先を記載したメールとテキストのPDFを送信します。

 

予めZOOMアプリを入手しておくとスムーズですが、アプリ無しでも受講は可能です。

​​Sラボ生の主な進学先と合格者数

​​64名、2014年〜2020年

~国公立~

東大10、一橋大4、東工大10、学芸大2、都立大4、北海道大3、東北大1、名古屋大1、九州大1、横浜国立大2、東京藝大3

医学部

防衛医大1、東京医科歯科大1、名古屋大1、千葉大1、金沢大1、信州大1、山梨大1、島根大2、愛媛大1、宮崎大1


~私立~

早大44、慶應大36、上智11、ICU3、明治大16、東京理科大13、多摩美術大2 他多数

 

医学部

慶應大1、慈恵医大1、日本医大3、順天堂大2、国際医療福祉大2、東京医大(特待)1、杏林大6、東邦大2

日本大2、東京女子医大1、昭和大1、聖マリアンナ医大1、東海大1、金沢医大1、岩手医大1

その他

米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、豪州マッコーリー大学 他

​Sラボ生の声

2020年2月版

​​小野ひゅうが 早稲田大学人間科学部

自分は他の塾での集団授業というものが合わず、どうしたら良いか悩んだ末に入塾したのがSラボでした。ここでは英語と数学をお世話になりました。Sラボは少人数制の授業で先生との距離も近く、困ったことがあったら休み時間などに相談できる優しい環境です。ですが授業になると空気が一変し、みな必死に授業についていきます。自分が求めていたのは、まさにそういった空気でした。色々と回り道をして早稲田大学に進学することになりましたが、勉強面や進路相談など、ここまで面倒見て下さった桜井先生、湊先生、本当にありがとうございました。

​​久保野かりん 早稲田大学法学部 

私は高 2 の秋に入塾しました。私にとって塾が辛い場所ではなく通いたい場所だったおかげで、それまでずっと苦手だった英語が一番好きな科目になりました。ここでは、 英文の読み 方や文法や背景など、今までの自分は何だったんだと思うくらい、毎授業なるほど~と思うことばかり。受験勉強を超えて将来を考えるきっかけにもなり、そのモチベーションで第一志望に合格できました。

​​矢島ゆう 早稲田大学文化構想学部

私は高2の秋にSラボに入塾しました。それまで英語が苦手で偏差値も50前後。しかし、桜井先生の授業では基礎から受験以上の論理構造や社会的背景までも学べ、英文を読むことが楽しいと思えるようになり、最終的には得意科目になりました。また周りの生徒のレベルが高く、常に刺激を受けながら授業に臨むことができ、直前期にも桜井先生の丁寧なフォローのおかげで不安を払拭して入試を迎えることが出来ました。楽しみながら実践的な英語を学べ、大学で学びたいことの幅も増えました。

青木ゆうた 昭和大学医学部​

野球に明け暮れた高校時代、学校の勉強はほぼしたことがなく偏差値は30程度(高3の夏)、評定は3以下、学問とは無縁に生きてきた自分に医学部など夢のまた夢であった。当然、浪人することになったのだが、そんな時に知ったのがSラボの存在だった。最初に訪ねていった時に桜井先生が「本気なら今の学力は関係ない。これから頑張れば必ず受かる。」とおっしゃった言葉を信じて僕はエスラボに入塾を決めた。そこから僕の全てが始まった。Sラボに入ってからの成績はうなぎ上りで、偏差値も1年間で急激に伸び、69(浪人1年目の秋)まで達した。成績が上がった要因は桜井先生とチューター陣の凄まじい指導力のおかげであり、本当に感謝している。さらには学校の授業に聞く耳すら持たなかった自分に学問の真の面白さを気づかせてくれた。今では学ぶ事がとても楽しい。特に、桜井先生が物理の授業でよくおっしゃる「物理は式ではなく言葉で説明出来る様に」という言葉で僕は物理が本当に好きになった。Sラボの授業では高校の教科書に載っているオーソドックスなものだけでなく大学で習うような解法や他の塾では習わないような方面からの見方も習得できる。このことから高校の範囲から逸脱して出題される医学部入試においては非常に優位に戦えた。

他塾や学校では最低3年はかかるだろうと言われた医学部合格に加えて、学ぶ事の大切さと面白さに出会えたSラボでの1年間は僕の人生を変えるであろうかけがえのないものだった。

鈴木ゆうと 東京大学理科Ⅰ類

私は高2年の時からSラボ一筋でした。現役時は得点開示の結果3点足りず東京大学に不合格で早稲田大学へと進学したのですが、やはり東大を諦めきれず桜井先生にご相談し早稲田に在学しながらもう一度受験することに決め、遂に合格することが出来ました。最初の学力からすると東大合格は夢物語だったかも知れませんが、全ての教科をSラボで受講していた実体験としては、Sラボではどの授業も問題演習と対話の中から背景や根底にある定理や公理に気づき理解できるように意図されていて学問への興味が湧くので夢中になっているうちに成績が上がってゆきました。挫けそうな時も、最後まで信じていてくれた両親と桜井先生、チューターの方々に感謝いたします。

佐々としゆき 東京大学文科Ⅲ類

Sラボから東大に現役合格した兄の薦めで、僕は高2の2月にSラボに入塾し主に英語と数学の講座を受講していました。Sラボの授業の特色は、少人数であることと、分からない点はいつでもチューターや桜井先生に質問できる環境が整っていることです。質問に対する答えだけでなく、さらに発展的なことも教示くださるので、質問に行くたびに理解度がかなり深まります。英語の授業は良質な過去問を用いて受験英語のその先を見通したものなので、実際の試験でも余裕をもって対応できるような英文読解法を身につけることができましたし、数学の授業ではひとつの問題に対する多角的なアプローチや考え方を身につけることができます。しかも、本当に楽しく学べます。そして、これらの授業で養った力の真価を英語数学以外の教科でも思考力という形で発揮でき、東大の問題に取り組む際に非常に役立ちました。兄弟共々本当にお世話になりました。

​講演会

2019年6月15日 都立西高校に招かれてSラボ代表が登壇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


聞くところによると、この講演会は錚々たる西高の大物卒業生が登壇する伝統あるものとのこと。
外はあいにくの大雨にもかかわらず、集まった西高生たちの熱気と真剣な眼差しの中

心からの情熱を提げてお話をいたしました。

質疑応答になると、応えている側が嬉しくなったりようなする鋭い質問がひっきりなしの飛び交い

気づけばあっという間に大団円を迎えていました。

いつか、この時のみんなと素晴らしい未来で再会できる日がくることを願っております。

Sラボの活動が若い知性達の進路にとって、ささやかな力添えになれていたら望外の喜びです。
この講演会を企画していただいた都立西高校進路指導部の先生方、西高生・卒業生、Sラボ生らに感謝いたします。

Sラボの授業について

Sラボは2020年度の入塾生の募集を公開いたしました。
入塾の詳細に関しては以下をご覧になり、どうぞお気軽にお問い合わせください。

答え探しではなく、問をたてよう

Sラボでは、その場限りの正解や不正解を重視しません。
課題を分析し、議論し、協力しあうなど主体性を持ち取り組むことが理解を深め、考える力になると考えており、
そのプロセスを通じて自問自答したり新しい問いを見つけることこそが、
様々な思考や感性を統べる哲学を持った知性を育むと考えているからです。

​​2タイプの授業とSゼミ

①クラス授業

1クラス10名までの少人数制です。オンラインでも受講可能です。

 

②基礎から応用まで何でも学べる個別指導

一人一人に合わせてオリジナルのカリキュラムを組み、伴走します。

③学問や時事問題などについて議論・実践したりするSゼミ

チューター、Sラボ生、Sラボ関係者、ゲストなどによる自主ゼミです。

外部生、Sゼミに興味のある社会人の方などの飛び入り参加も大歓迎いたします。

 

*SラボではZOOMを用いての遠隔授業も行なっております。

授業音声や板書は保存されているので中途入塾や病欠などでもご安心ください。

​入塾資格

国籍、性別、成績、宗教等は一切不問です。

塾長との面談により入塾可否が決定いたします。

​入塾相談、学習相談、体験授業など

お問い合わせフォームまたはメールにてお問い合わせいただくとスムーズです。

お電話の場合は授業中などで対応が難しい場合がございますことご了承願います。

2020年 時間割​

2学期(9月7日〜12月12日)

 

講座説明 2020年2学期(9月7日〜9月11日は塾生向け体験受講期間です)

月曜

中学英語:大学受験を念頭においたSラボ独自の中高一貫講座です。

英語総合:前期・夏期の英文読解Ⅱの続きに英作文なども加えて大学受験にむけて英語の総合力を養成します。金曜の英語総合プラスと組み合わせれば英語が超強力なアドバンテージになるでしょう。

火曜

数学基礎:高校数学で躓きやすい分野を中心に高1・高2・初学者や受験生の苦手克服に是非。

理系数学:前期・夏期の同講座の続き。数学3を中心に高校数学全分野を横断する総合力を養成します。数学1A2Bに不安のある人は木曜の数学1A2Bと組み合わせることをおすすめします。

水曜

小学生英語:abcから始めます。英語の習得を通じて日本語の運用力の養成も図ります。

小学生算数:数学的思考や抽象概念の把握を通じて考える力を育みます。

木曜

中学数学:大学受験を念頭においたSラボ独自の中高一貫講座です。

数学1A2B:前期・夏期の同講座の続き。数学1A2Bを横断的に学び、演習を通じて数学の系統や体系を再構築することで数学的自由を獲得しましょう。

金曜

英語基礎:高校英語で躓きやすい分野を中心に高1・高2・初学者や受験生の苦手克服に是非。

英語総合プラス:演習中心。過去問や東大・早慶対策用のオリジナル問題を用いてファームな英語力を構築します。月曜の英語総合講座と組み合わせることを強くオススメいたします。

土曜

プログラミング:無学年制。社会人も大歓迎。

DTM:いわゆる音楽の打ち込みです。初心者大歓迎です。

個別指導(月曜〜土曜)

一人一人に合わせてオリジナルのカリキュラムを組みます。複数科目の組み合わせも可能。

初歩からの勉強方法から最難易度の問題解説まで全教科に対応します。

「講師:生徒」比は概ね「1:1〜2」

​通年講座の受講費

A.新規ご入会時の入会費 33,000円

B. 受講費

①通年講座 1講座あたり

1学期(4月~7月の4ヶ月分):128,000円

2学期(9月~12月の4ヶ月分):128,000円

3学期(1月~3月の3ヶ月分) :96,000円

個別指導(2時間×4回):42,000円

C. お支払い方法 

一旦ご納入いただいた入会費・受講費は返金致しかねます。

   中途にて受講を中止する場合にも全額お支払いいただきます。

D.特記事項

受講希望科目等を受講申込書にご記入・ご提出のうえ、ご入金いただきますようお願いいたします。*現在、Sラボの法人化に伴いお振込先の指定口座を変更中です。当塾の手続きが完了次第お知らせいたしますので、その後、ご入金ください。

Sラボ塾長 桜井てつや

高度に専門化され共軛不能になった学問諸領域を越境し、極度に複雑化した世界の問題群を再構築することで、より良い未来を若い知性と共に切り開いて行くこと。

そして、その旅のGPSたる豊かな教養と主体的な学びの手解きをするのが、私のスーサイド・ロックンロール・ミッションです。

略歴

中学3年の夏、怪我でスポーツを諦め時、偏差値35。高3の夏、駿台予備校および河合塾の東大模試で文系総合1位、秋の東大模試で理系総合1位を獲得し偏差値100に到達。

東京大学で政治学と医学、米国イェール大学で哲学を修めた。大学在学中から教育による戦争撲滅を目指し教壇に立ち、国際NGO、外資戦略コンサルなどを経て、現在はSラボ主宰の他、国内外数多くの社会起業活動や医療・教育プロジェクトを参画、指揮。教鞭を執り始めてから2020年で25年目にな利、様々な分野で活躍する教え子も多数。探究学舎(東京三鷹)の元共同経営者。医師、研究者でもある。

Sラボとは? サポーターからの紹介

lecturer_01.jpg

​宝槻泰伸

​探究学舎代表

僕と桜井さんとの出会いは、図書館の一室でした。まだ僕が駆け出しの小さな個人塾の頃は図書館の貸し会議室を利用して授業をしていたのです。桜井さんも当時、「教育を変える」という志を掲げて同じように図書館の一室でSラボを運営していました。


たまたま出会った2人ですが、大検から大学へ進んでいたこと、同じような志を持っていることに、運命のようなものを感じたことをよく覚えています。それから2年間、駆け出しの探究学舎にありったけの愛と、洗練された指導力を、惜しみなく注いでくれたことも忘れられない思い出です。探究的な学びを届けるにしても高校生が相手なら最後は受験に責任を持たなければならない。それを一手に引き受けてくれたのが桜井さんでした。


その後、探究学舎は小学生の探究学習にフォーカスすることになり、高校生の指導は桜井さんがSラボで引き受けてくれる体制になりました。そして今でも交流は続き、探究学舎を卒業した子どもたちが、本格的な学問を極める学び舎としてSラボを活用しています。探究で火のついた彼・彼女らがSラボでさらに輝きを増しているのは言うまでもありません。


僕も今までいろんな教育のプロを見てきましたが、受験勉強を超越して探究学習や学問の最前線にまで昇華させ、これほどまでに高校生達を熱狂させる人を桜井さん以外には知りません。あなたがもしも、ありきたりの受験勉強ではない本当の学びを求めているならば、

ぜひSラボをお勧めします!

​​木元隆雄

​探究学舎講師 (元Sラボ・チューター)

桜井さんのSラボの授業はまさに「知の越境」ともいうべき瞬間がいくつも存在します。英文の読解をしていたと思ったら国際政治の話題になり、世界史の講義中だと思っていたら化学の話に転じる。

普通の予備校ではあり得ないようなこうした風景は、一見無駄なように見えて、実は受講生の「知的体力」をフルに鍛え、その好奇心を刺激するとても大事な時間なのです。

単に1つの専門分野にとどまらず、複数のジャンルに興味のアンテナを向けながら、常識にとらわれずに何かを探究するこうした「知の越境」は、大学に入った後、何かを研究・発明していく上でとても欠かせないことです。

ありとあらゆる学問分野に精通した知の巨人、かつ受験指導のプロフェッショナルでもある桜井さんから、こうした講義を高校生の内に受けられることは、人生を過ごす上で、とても貴重な経験だと、僕には断言できます。

lecturer_05.jpg

チューター

Sラボの主役はSラボ生と、桜井をサポートするチューター陣です。
卒塾生や様々な分野の専門家で構成されており、
高い教育水準、価値観、創造性とリーダーシップで塾生達の熱心なメンターとなります。

​​秋山たかしげ

​慶應義塾大学大学院修士課程修了​ 

​​安納とくひ

​​昭和薬科大学在学中

​​飯森たかし

​​慶應義塾大学医学部卒

医師

​​泉のぶひろ

​米国コロンビア大学ジャーナリズム大学院修了

ジャーナリスト

​植木さやか

​​一橋大学在学中

​​斉藤りょう

​​東京大学獣医学部在学中

​​ジェームズ・パーク

豪州ニューサウスウェールズ大学大学院修了

同クイーンズランド大学医学部在学中

島田さき

​​慶應義塾大学在学中

​田渕りな

​​早稲田大学在学中

​​永田あやと

​​東京理科大学在学中

​​湊よしひろ

山梨大学医学部在学中

​​向山けい

東京大学​​大学院修士課程在学中

​山本まお

​慶應義塾大学医学部在学中

まおの世界一周修行ブログ

​​和田りかこ

​​早稲田大学在学中

お問い合わせ

Mail:academia.slabo@gmail.com

Tel:080-3541-1977 〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4-1-13-1F

©2020 by Sラボ。Wix.com で作成されました。