あまり薬を触らない薬剤師のお仕事

こんにちは、初めまして。 Sラボチューターの安納徳陽(あんのう とくひ)です。 今は、昭和薬科大学薬学部薬学科5年生で、薬局や病院で勉強の日々を送っています。 目下の目標は国家試験の合格です。


さて、本日の話題はあまり薬を触らない薬剤師のお仕事についてです。 そのお仕事とは「学校薬剤師」 主な業務内容は、 ・飲料水(水道水)の水質検査 ・プールの水質検査 ・教室の照度、測定 ・理科室や保健室の薬品管理 ・各所で施設の衛生状態の確認など といった感じです。


わかります。「地味」ですよね。私も、薬学部に入るまで知りませんでした。 しかしながら、こんな風に衛生状態を管理するのも重要な薬剤師のお仕事だったりします。


個人的な感想としては、、同行した先の小学校で、「科学者?」「研究者?」とか言われつつ、 「違うよー、これはね…」なんて言いながら交流できたのがいい思い出です。 (教室の机全てにパーテーションが設置されていました。時勢を感じますね。)


この話題を深掘りすると、高校化学につながったりもするのですが、そちらはSラボにて!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

卒論の執筆について②

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 先週は論文の大まかな構成の話をしたので、今週は論文を書く際の苦労話をしたいと思います 苦労その1 文章力、語彙力の無さ 卒論はとにかく長い、人生で一番の長文と言っても全くもって過言ではありません 適当な日本語でかさまししても良いならどうとでもなるかもしれませんが、学術的に正しい言葉遣いをしなければならないのがしんどい 普段使わないような言葉を書き連ねて自分の

卒論の執筆について

こんばんは、チューターの齋藤です 先週の水曜日は祝日でお休みでしたが、みなさんはどのように過ごしましたか? 私は大学で卒論執筆作業に励んでいました 大学や学部によっても卒論は必修だったり、必要なかったりだとは思いますが、中学生や高校生の皆さんは卒論とは何かもよくわからないですよね なので、今日は卒論もとい論文の書き方についてざっと書いていこうと思います 論文は、序論(Introduction)、材

コロナ禍の大学生活

こんばんは、Sラボチューターの宮原です 今回は入学してからこの半年間、どんな大学生活を送ってきたのかについて書いていきたいと思います まず入学式ですが、COVID−19への配慮もあり学部で振り分けられ二部制にはなりましたが、対面にて行われました 晴れて大学生になり、大教室で授業を受けたり、空きコマに友達とランチに行ったりできると期待していたのですが、現実はそう甘くはありませんでした 授業は八割以上