卒論の執筆について

こんばんは、チューターの齋藤です


先週の水曜日は祝日でお休みでしたが、みなさんはどのように過ごしましたか? 私は大学で卒論執筆作業に励んでいました


大学や学部によっても卒論は必修だったり、必要なかったりだとは思いますが、中学生や高校生の皆さんは卒論とは何かもよくわからないですよね なので、今日は卒論もとい論文の書き方についてざっと書いていこうと思います


論文は、序論(Introduction)、材料と方法(Materials and Methods)、結果(Result)、考察(Discussion)からなります 細かい事を言うとabstractやreferenceなどもありますが、いわゆる論文の本文と呼ばれるのは上記の4つです


序論では、これまでの知見やその研究で明らかにしたいことについて記します 序論がうまく書けていないと、その研究がどのような意味を持つのかがはっきりとしなくなります


材料と方法では、その研究で用いた実験材料や手法を記します


結果では、その研究で得られた実験結果を記します 序論や考察では研究で得られた結果に関することを先に説明したり、後から考えを述べたりするので、結果が少ないと全体の分量が目減りします


考察では、実験結果から分かることや、今後の研究で明らかにするべき課題などを記します 結果に対して考察があまりにも長いと、妄想を書きすぎだと怒られるので注意しましょう


ということで大まかな論文の構成についてでした、覚えていたら次回は卒論に伴う苦労話を書こうかと思います

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。Sラボチューターの佐々です。 今回は、大学における成績評価の方法についてお話ししたいと思います。 ここから説明するのは、僕自身の経験(国公立文系)に基づくものなので、私立大学や理系学部では事情は異なるかもしれないことを先に断っておきます。 中学・高校における成績評価の方法といえば、もっぱら中間・期末試験でしょう。 つい最近、中間テストを終えたばかりという中高生の方も多いのではないでしょ

こんにちは。 Sラボチューターの佐々です。 今日は、昨日と一昨日に東京大学本郷キャンパスで開催された五月祭についてお話ししたいと思います。 東京大学の学園祭が対面で開催されたのは、2019年の駒場祭(駒場キャンパスで実施)以来、約3年ぶりでした。 正確には、今回の五月祭の開催形態はオンキャンパスとオンラインのハイブリッドで、どちらでも楽しめるような企画がたくさん行われていました。 誰でもキャンパス

お久しぶりです、チューターの宮原です。 前回書いた時からとてつもない時間が経っておりまして、存在を忘れられているのではないかとドキドキしながらこのブログを書いております^^; さて今回は何を書いていきたいかと言いますと!!! ズバリ慶應文学部の実態について書いていきたいと思います! 慶應の文学部は正式名称を文学部人文社会学科と言い、そこからさらに各自興味のある専攻に分かれていく中々複雑な学部なので