卒論の執筆について②

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です

先週は論文の大まかな構成の話をしたので、今週は論文を書く際の苦労話をしたいと思います

苦労その1 文章力、語彙力の無さ

卒論はとにかく長い、人生で一番の長文と言っても全くもって過言ではありません

適当な日本語でかさまししても良いならどうとでもなるかもしれませんが、学術的に正しい言葉遣いをしなければならないのがしんどい

普段使わないような言葉を書き連ねて自分の考えを述べることの何と大変な事でしょうか(まだ日本語で書いているだけましなのかもしれませんが)

苦労その2 論文の構成

先週お話しした通り、論文の構成には決まりがあり、序論、材料と方法、結果、考察の順で進めていきます

材料と方法と結果は別に大変じゃないんですよね、事実を書くだけなので

ただ序論と考察がしんどい

考察では、実験で得られた結果をどう解釈するかを記す訳ですが、そんなの聞かれても困ります

世の中の理系学生の大半は教授に言われた実験をやっているだけで、その研究の意味とかはよく分かっていない訳でして、結果から何が考えられるかと言われましても……ですよね?

序論では、これは考察でがっつり書きたい情報だしここでは控えておくか、とか、これめっちゃ重要だけどこの論文にはあんまり関係ないし書くのやめとくか、とかの謎の駆け引きが始まります

今回は実際に書く際の苦労についてでしたが、論文を書き始めるまでにも苦労は伴うものです

皆さんは計画的に実験を進めましょうね(卒論に苦しむ同級生がたくさんいるので)

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

卒論の執筆について

こんばんは、チューターの齋藤です 先週の水曜日は祝日でお休みでしたが、みなさんはどのように過ごしましたか? 私は大学で卒論執筆作業に励んでいました 大学や学部によっても卒論は必修だったり、必要なかったりだとは思いますが、中学生や高校生の皆さんは卒論とは何かもよくわからないですよね なので、今日は卒論もとい論文の書き方についてざっと書いていこうと思います 論文は、序論(Introduction)、材

コロナ禍の大学生活

こんばんは、Sラボチューターの宮原です 今回は入学してからこの半年間、どんな大学生活を送ってきたのかについて書いていきたいと思います まず入学式ですが、COVID−19への配慮もあり学部で振り分けられ二部制にはなりましたが、対面にて行われました 晴れて大学生になり、大教室で授業を受けたり、空きコマに友達とランチに行ったりできると期待していたのですが、現実はそう甘くはありませんでした 授業は八割以上

大学のオンライン授業の話

こんばんは。Sラボチューターの佐々です。 今日は、大学のオンライン授業について話そうかと思います。 去年の春、大学入学に関する諸々の手続きをしにキャンパスへ行くと、そこで様々な資料を受け取りました。 ちょうど、東京のコロナ感染者が少しずつ増えている頃でした。 受け取った資料の中には、履修の手引きや学内誌などに混ざって「オンライン授業のための準備」というものがありました。 大学に入学したばかりで、パ