大学で学んだことを活かしたら、ソシャゲでBANされかけました

こんにちは!チューターの永田です。 私はつい最近まで情報工学科にてその名の通り情報工学を学んでいました。といっても、大学の授業では実際に現場で行われていることをそのまま学ぶのかと言われればそうではなく、その内容は例えるなら道具の扱い方を教えてもらうようなもので、その道具で何をするかまではあまり触れられることはありませんでした。 そこで、せっかく得た道具と扱い方を何かに活かせないかと考えた私が目をつけたのが、当時ハマっていたソーシャルゲーム「遊戯王 デュエルリンクス(以下リンクス)」です。


リンクスは基本的に遊戯王というカードゲームで対戦することがメインのゲームですが、その一方で漫画やアニメ等の遊戯王ファンのためのキャラクターゲームという側面もあり、対戦を満足に行うためには多種多様なキャラクターを手に入れてそのキャラクターのレベルを上げる必要があります。レベルを上げる過程で様々なアイテムを入手できるのですが、基本的に手動でCPUとの対戦を何回もこなす必要がある上に、(私から、そしておそらく多くのプレイヤーからしても)その作業自体は苦痛そのもので、面白くもなんともないという大きな問題点を抱えていました。 私はこのCPU対戦でのレベル上げ部分を画像認識により自動化できるのではと考え、早速取りかかりました。4年生にもなり人工知能の研究をしていた私にはさほど難しいことでもなく、その日のうちに自動化には成功して、以降は色々なオプションを実装するまでにも至り、もはやゲーム自体よりプログラミングを楽しんでいるとも言える本末転倒な状況でした。


さて、自動化に成功してから程なくして、リンクスにて大規模な大会が開かれました。優勝者は海外で行われる決勝戦への出場権を手にすることができるということで大きな盛り上がりを見せた最中、Twitterにてあるツイートを目にしました。不正なツールを使って大会に出場していたプレイヤーがBANされた、というのです。それに伴ってかはわかりませんが、大会に関係ないツールを使っていた多くのプレイヤーにも直接警告が発せられたという旨のツイートも同時に確認しました。 当然ながら自動化もリンクスの規約上禁止されている違反行為です(規約違反であって法律違反ではありません、念の為)。では私はといえば、規約違反は承知の上でバレないだろうと高を括っていましたし、結局のところ私には警告は来ていませんでした。それでもなお、そのツイートを目にしてすぐ自動化は取りやめました。理由はもちろんお分かりの通り、BANされるのがただただ怖かったからです。情けないですね。


まあ側からしたら最初からそんなことすんなって話ですが、これは一時の欲望に勝てなかった私の心の弱さです。大学で学ぶことはそれなりに高度であるが故、悪用をしようと思えばもっと悪いことでもできてしまいます。 であればこそ寸刻の誘惑を振り切り知識を正しく使うように、またそのように指導することを心掛けたいと思います!

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書くことが思いつかなかったので、私のある日の帰り道の出来事です。 まず結論から、友人の大学産バナナ談義をさっさと切り上げて早々に帰途に着いたのが悪かったのでしょうか、急いでいる時ほど案外色々な障害というか出来事にあたるものですね。 最寄り駅まで2回ある乗り換えのたびに、足と耳の悪い女性に行きたい駅への順路を尋ねられ、対応。 驚いたことに、スマホで検索をかけていると2回とも 「あらま、わからないの?

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です ここ最近は休日にやる事が無く、一日中ぼーっとして過ごしています これじゃいけないな、と言う気持ちはあるものの、気づけば夜中になっている毎日です 受験もおおよそ終わったこの時期は、受験生の皆さんもこのように自堕落な毎日を過ごしてしまっているのではないでしょうか 後期試験が終わるのが今週末なので、来週には自堕落な元受験生がさらに増えてしまうのではないかと思います

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 国家試験に向けて、学生同士で担当教科を決めて持ち回りで勉強会を開いているのですが、自分の担当分の勉強会がおわる頃には、ふだん他人と話す機会が少ないのもあってか、喉がガサガサになって完全に痛めてしまいました 今回は大丈夫だとは思いますが、風邪を引く時には初めに喉の調子が悪くなることが多いので、少しばかりビクビクしています 受験生の皆さんも、この時期は体調を崩し