大学生の1日

こんばんは、1週間ぶりですね、チューターの齋藤です


突然ですが、「大学生の1日」のような内容の記事を見かけた事はありませんか?

今日は3限が休講だからカフェに行きましたとか、放課後はサークル行ってからそのまま飲み会ですとか、そういった煌びやかな大学生活がタイムテーブルになってるやつですね


博士課程に進学する人間のタイムテーブルはもっと殺伐としています もはや図にする必要すらありません とてもシンプルで質素な生活を送っているので、文章で簡単にまとめられるのです


好きな時間に起きる(だいたい朝9時くらい)→支度したらすぐに大学へ→研究→12時頃にお昼ご飯→研究→大学を出る(だいたい10時くらい)→ご飯お風呂済ませて少しダラダラ→就寝(1時くらい)


これをおおよそ毎日です、あとは週2でバイトやるくらいですね 土日はお昼頃起きるのと、帰る時間が早いくらいで、基本的には平日と大きくは変わらないです


そんなに研究ばっかりやってて楽しいの?と聞かれそうな気がしますが、これがけっこう楽しいんですよね 何か新しい事を発見するのは、誰も踏んでない霜柱を踏み潰しているような、なんとも言えない気持ち良さがあります


研究のこと話しだすと2時間くらい喋っちゃうので、今日はこの辺にしておきます それでは皆さま、Sラボでお待ちしています!


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

卒論の執筆について②

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 先週は論文の大まかな構成の話をしたので、今週は論文を書く際の苦労話をしたいと思います 苦労その1 文章力、語彙力の無さ 卒論はとにかく長い、人生で一番の長文と言っても全くもって過言ではありません 適当な日本語でかさまししても良いならどうとでもなるかもしれませんが、学術的に正しい言葉遣いをしなければならないのがしんどい 普段使わないような言葉を書き連ねて自分の

卒論の執筆について

こんばんは、チューターの齋藤です 先週の水曜日は祝日でお休みでしたが、みなさんはどのように過ごしましたか? 私は大学で卒論執筆作業に励んでいました 大学や学部によっても卒論は必修だったり、必要なかったりだとは思いますが、中学生や高校生の皆さんは卒論とは何かもよくわからないですよね なので、今日は卒論もとい論文の書き方についてざっと書いていこうと思います 論文は、序論(Introduction)、材

コロナ禍の大学生活

こんばんは、Sラボチューターの宮原です 今回は入学してからこの半年間、どんな大学生活を送ってきたのかについて書いていきたいと思います まず入学式ですが、COVID−19への配慮もあり学部で振り分けられ二部制にはなりましたが、対面にて行われました 晴れて大学生になり、大教室で授業を受けたり、空きコマに友達とランチに行ったりできると期待していたのですが、現実はそう甘くはありませんでした 授業は八割以上