慶應大生の日常

初めまして、Sラボチューターの宮原秀哉です。慶應義塾大学文学部人文社会学科の1年生です。


やはり慶應大学というとキラキラしていたり、不祥事が多かったり、、、そういったイメージを持たれる方も多いと思います


でも実際はどうなのか、慶應大生の日常を書いていきたいと思っています!


まずは僕の通っている慶應文学部とはどんな所なのか紹介します


文学部は慶應大学の中でおそらく1番自由度の高い学部です 1年生は必修科目は英語を含めた外国語の中から2つの言語のみで、他は総合教育科目(一般教育科目)の授業を受けます


そして2年生から、17ある専攻のうち学びたい専攻に進むことになります 人気の高い専攻は例年希望者が定員を超えてしまうため、1年生のうちにいい成績をとらなければ進むことはできません  また、2年生から専攻に進む関係で、唯一2年生から三田キャンパスに通う学部でもあります


以上で紹介は終わりです!まだまだ語れるのですが長くなりすぎてしまうので興味のある方はぜひSラボに遊びに来てください! ではまた〜

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

卒論の執筆について②

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 先週は論文の大まかな構成の話をしたので、今週は論文を書く際の苦労話をしたいと思います 苦労その1 文章力、語彙力の無さ 卒論はとにかく長い、人生で一番の長文と言っても全くもって過言ではありません 適当な日本語でかさまししても良いならどうとでもなるかもしれませんが、学術的に正しい言葉遣いをしなければならないのがしんどい 普段使わないような言葉を書き連ねて自分の

卒論の執筆について

こんばんは、チューターの齋藤です 先週の水曜日は祝日でお休みでしたが、みなさんはどのように過ごしましたか? 私は大学で卒論執筆作業に励んでいました 大学や学部によっても卒論は必修だったり、必要なかったりだとは思いますが、中学生や高校生の皆さんは卒論とは何かもよくわからないですよね なので、今日は卒論もとい論文の書き方についてざっと書いていこうと思います 論文は、序論(Introduction)、材

コロナ禍の大学生活

こんばんは、Sラボチューターの宮原です 今回は入学してからこの半年間、どんな大学生活を送ってきたのかについて書いていきたいと思います まず入学式ですが、COVID−19への配慮もあり学部で振り分けられ二部制にはなりましたが、対面にて行われました 晴れて大学生になり、大教室で授業を受けたり、空きコマに友達とランチに行ったりできると期待していたのですが、現実はそう甘くはありませんでした 授業は八割以上