東大に入る方法

Sラボチューターの齋藤です

プロ野球の日本シリーズが始まり、大熱戦が繰り広げられていますね

今年はオリンピックの影響で開催が例年よりも遅いですが、球場には熱気が漂っています

まさかヤクルトとオリックスが日本シリーズで激突するなんて、半年前には思いもよりませんでしたが、どちらのチームもリーグ覇者の名に相応しい戦いっぷりで、2年連続で4連敗を喫したどこぞのチームとは違うなと思います(来年は頑張ってほしい)

実は今でも草野球チームに所属して練習や試合に行くほどに、野球は観るのもやるのも好きで、高校の時には野球部に所属もしていました

何十年ぶりかに野球部から東大に合格したとかで、当時はそれなりに先生方からもてはやされました、良い思い出です

自慢話はこれくらいにして、部活と勉強の両立についてお話ししようかなと思います

部活が忙しくて成績が落ちちゃった、なんてよく聞く話ですよね

だからこそ、どうやって部活をやりながらも東大に合格出来たのか、みなさん気になるところかと思います

答えは簡単で、毎日とにかく基礎問題を解くことです

野球もそうですが、キャッチボールが出来ない人は守備なんて出来ないし、素振りが出来ない人はヒットなんて打てません

勉強もそれと一緒で、基本的な問題が完璧に解けない限りは、応用問題なんて解きようがないんです

試験直前になって出やすそうな問題の解法だけ覚えたところで、その場しのぎにしかならないのであって、基礎の積み重ねだけが自分の実力に結びつきます

適当にバット振り回してたらたまたまホームランになった、なんて事は入試ではありえないので、とにかく基礎固めから入るようにしましょう、話はそれからです

東大に入りたいのであれば、もちろん基礎が出来るだけでは物足りないですが、それは部活を引退してから発展的な問題を解けばいいので、焦る必要はないのかなと思います

もちろん、基礎は完璧だぜって人は早いうちから応用問題を解いていってください

それも物足りない場合には、ぜひSラボにお越しください、自分だけではたどり着けないような学問の世界がきっと広がっていますので

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大学入試も迫ってきました…

Sラボチューターの佐々です。 ここ数日で朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。 特に受験生の皆さんは、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。 今回は、私の受験当日の体験談を少しお話ししようかと思います。 私が受験生だった時は、最後のセンター試験の年でした。 試験当日はとても冷え込み、雪まじりの雨が降るような日でした。 試験会場は、確か明星大学日野キャンパスでした(中央大学だったかもしれません

出願をミスった話

こんばんは。 Sラボチューターの佐々です。 今回は、僕自身の大学受験体験談を一つお話ししようかと思います。 2年前のことになるので若干忘れていることもありますが、頑張って思い出します。 題名にもある通り、僕は出願をミスりました。 幸い第一志望校の東京大学ではなく、併願校として受験を考えていた上智大学への出願時にです。 僕が受験しようとしていたのは、上智大学経済学部経営学科でした。 この学科は、(少