獣医学部で何を学ぶの??

はじめまして、Sラボチューターの齋藤凌です 現在は東京大学農学部獣医学専修の6年生で、来年からは博士課程に進学予定です


初対面の人にこんな自己紹介をすると、 獣医学部ってことは獣医さんになるんでしょう?うちの子が具合悪くなったら診てくれる? そんな質問を今まで何回されてきたでしょうか 別に獣医学部の人が全員小動物臨床に進む訳ではないのです 細かいことを言えば、そもそも東京大学に獣医学部なる学部は存在しないのですが、面倒な奴だと思われるのも癪なので訂正しません ただ、自分が研究を生業にしようとしている以上は、獣医学部=小動物臨床のイメージを払拭せねばなるまいとは思うのです


だったらお前は獣医学部で何を学んでいるんだと、みなさん聞きたくなってきたところだと思います そこまで言われたならば答えずにはいられませんね 僕が大学院に行ってまで学んでいる/学びたい事は、病理学です


病理学って、なに、という疑問が浮かぶ人が大半だと思いますのでざっくりと説明すると「顕微鏡でスライドを見て、どんな病気なのか診断する」事がメインの学問です 病理医を題材としたドラマとして、フラジャイル、という作品が以前放送されていましたね、獣医学でもやっていることはだいたい同じです


ただ、決定的に違うところがあります それは扱う動物種の多様性です いくら近縁種だからって、チンパンジーやゴリラの診察をするお医者さんがいますか? そういった類人猿の診察から、犬や猫など、多様な動物種を扱うのは、獣医の仕事なのです 特に病理学では、剖検、という死因の解明のような事をするので、なおさら様々な動物と接する事になります


剖検についての詳しい話をFacebookですると炎上しそうなので書きませんが、興味ある方はSラボまで遊びに来てくださいね

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

卒論の執筆について②

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 先週は論文の大まかな構成の話をしたので、今週は論文を書く際の苦労話をしたいと思います 苦労その1 文章力、語彙力の無さ 卒論はとにかく長い、人生で一番の長文と言っても全くもって過言ではありません 適当な日本語でかさまししても良いならどうとでもなるかもしれませんが、学術的に正しい言葉遣いをしなければならないのがしんどい 普段使わないような言葉を書き連ねて自分の

卒論の執筆について

こんばんは、チューターの齋藤です 先週の水曜日は祝日でお休みでしたが、みなさんはどのように過ごしましたか? 私は大学で卒論執筆作業に励んでいました 大学や学部によっても卒論は必修だったり、必要なかったりだとは思いますが、中学生や高校生の皆さんは卒論とは何かもよくわからないですよね なので、今日は卒論もとい論文の書き方についてざっと書いていこうと思います 論文は、序論(Introduction)、材

コロナ禍の大学生活

こんばんは、Sラボチューターの宮原です 今回は入学してからこの半年間、どんな大学生活を送ってきたのかについて書いていきたいと思います まず入学式ですが、COVID−19への配慮もあり学部で振り分けられ二部制にはなりましたが、対面にて行われました 晴れて大学生になり、大教室で授業を受けたり、空きコマに友達とランチに行ったりできると期待していたのですが、現実はそう甘くはありませんでした 授業は八割以上