風邪のひきはじめにやっていること

更新日:2021年12月11日

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です

国家試験に向けて、学生同士で担当教科を決めて持ち回りで勉強会を開いているのですが、自分の担当分の勉強会がおわる頃には、ふだん他人と話す機会が少ないのもあってか、喉がガサガサになって完全に痛めてしまいました

今回は大丈夫だとは思いますが、風邪を引く時には初めに喉の調子が悪くなることが多いので、少しばかりビクビクしています

受験生の皆さんも、この時期は体調を崩したくはないと思います、そもそも体調を崩したい時期なんてないと思いますが

特にこれからセンター試験や2次試験が始まると、さらに風邪などひいてられませんよね

そこで今回は、個人的に実践している風邪のひきはじめにやっていることを記したいと思います

喉から風邪をひいてしまうタイプなので、まずはうがいをたくさんします

これで喉もすっきりしますし、病原体を洗い流せた感があります

あとはしっかりとお風呂に入って身体を温める事と、無理せずに即寝る事です

ここで無理して作業を続けると、この後の数日間に響いてしまうので、こういう時はいっそのこと休んでしまった方が効率がいいのです

改めて振り返ってみると何ひとつ特別なことをしてませんね

ただ、ベタな方法というのは、手軽で尚且つそれなりに効果が見込めるために広く行われているので、それに倣うのも良いかと思います

それでは皆さま、健康に気をつけて受験を乗り切りましょう!

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジャズって何? こんにちは!チューターの永田です。いよいよネタが思いつかないので、苦し紛れに私が大好きな音楽の一種であるジャズについて書いてお茶を濁そうかと思います。もちろん私はジャズについてまだまだ浅学なので有識者の方からすれば間違っている部分も多々あるかと思いますが、若造の戯言だと思ってご容赦ください。 ジャズの情趣とはどこにあるでしょうか。これこそ人によって意見が大きく分かれるところです

こんにちは。 Sラボチューターの佐々です。 突然ですが、来年から高等学校の学習指導要領が改訂されることをご存知ですか。 現在履修している中国史の授業の先生が度々話題に挙げていたので、実際何が変わるのか、個人的に調べてみました。 まず大きく変わるのは、歴史科目です。 新必修科目として、「歴史総合」なる科目が導入されます。 「歴史の大きな転換に着目し、単元の基軸となる本質的で大きな問いを設け、諸資料を

こんにちは!チューターの永田です。 私はつい最近まで情報工学科にてその名の通り情報工学を学んでいました。といっても、大学の授業では実際に現場で行われていることをそのまま学ぶのかと言われればそうではなく、その内容は例えるなら道具の扱い方を教えてもらうようなもので、その道具で何をするかまではあまり触れられることはありませんでした。 そこで、せっかく得た道具と扱い方を何かに活かせないかと考えた私が目をつ