Jazzって何?

ジャズって何? こんにちは!チューターの永田です。いよいよネタが思いつかないので、苦し紛れに私が大好きな音楽の一種であるジャズについて書いてお茶を濁そうかと思います。もちろん私はジャズについてまだまだ浅学なので有識者の方からすれば間違っている部分も多々あるかと思いますが、若造の戯言だと思ってご容赦ください。 ジャズの情趣とはどこにあるでしょうか。これこそ人によって意見が大きく分かれるところですが、私としてはやはりその強い再現不可能性にあると思います。ジャズの演奏は基本的に即興で執り行われる部分が大半を占めていますので、同じ演奏者が同じ曲を演奏したとしても同じ内容になることはありません。ましてや違う演奏者では尚更です。あの日生で聴いた素晴らしい演奏はもう二度と聴くことができないのです。もちろんライブであれば他の音楽でも同じことが言えると思いますが、ジャズは先ほど述べたように即興が占める割合が大きいので尚更同じような演奏というのは少なくなります。裏を返せば、同じ曲目でもライブや録音の数だけ全く違う演奏を楽しむことができるということであり、いちライブに着目しても臨場感や生感だけでなく、その日はどのような内容の演奏がなされるかという点から音楽を楽しむことができます。 また、これはジャズを演奏するという視点からが一般的な魅力ですが、自分の好きなプレイヤーがどのような系譜から、あるいはどのような意図で即興演奏しているのかを研究するのが楽しい、という側面もあります。よく「ジャズは自由に演奏していい」というようなことを聞きますが、私からすればそれは嘘です。考えなしに適当にそんなことを言っているとすれば、そいつはカスです(誇張しているだけで実際には思っていません、ごめんなさい)。ジャズプレイヤーの演奏は、先人の演奏を研究し、模倣するプロセスを経ることで成り立っています。考えなしの「自由な演奏」では、それはジャズになりません。演奏から系譜を感じることができて初めてジャズなのだと私は考えています。そもそも自由とは制約あってのものです。ジャズの演奏にもコード進行という縛りがあり、学んできた音使いも先人の演奏に縛られています。当時その縛りから抜け出すべく生まれたであろうフリージャズですら、現在では「フリーらしさ」が生まれてしまったが故に自由ではなくなっているように感じます。ジャズは束縛の音楽であり、その内側で初めて自由に演奏できるのです。そして、束縛からいかに抜けださんと苦心するプレイヤーのことを考えれば「自由を目指す音楽」とも言えると思います。そんな背景に思いを馳せながら演奏を聴いていると、見えてくる景色が人によって大きく変わるのでとても興味深い音楽だと思います。 さて、後半はなんだかお気持ち表明みたいになってしまいました。まだまだ書けることは有り余っていますが、いつまで経っても終わらなくなってしまうのでこの辺りにしておきます。まあ正直なところこんな小難しいこと考えずにただ鑑賞するだけの方が楽しめると思いますので、最初の1枚におすすめのアルバムを紹介して終わります。ド定番でありながら今聴いても未だ新しく、全く色褪せない名盤 "Waltz for Debby / Bill Evans" です、皆さんもぜひ一聴してみてください! 返信転送





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

高等学校学習指導要領の改訂について

こんにちは。 Sラボチューターの佐々です。 突然ですが、来年から高等学校の学習指導要領が改訂されることをご存知ですか。 現在履修している中国史の授業の先生が度々話題に挙げていたので、実際何が変わるのか、個人的に調べてみました。 まず大きく変わるのは、歴史科目です。 新必修科目として、「歴史総合」なる科目が導入されます。 「歴史の大きな転換に着目し、単元の基軸となる本質的で大きな問いを設け、諸資料を

大学で学んだことを活かしたら、ソシャゲでBANされかけました

こんにちは!チューターの永田です。 私はつい最近まで情報工学科にてその名の通り情報工学を学んでいました。といっても、大学の授業では実際に現場で行われていることをそのまま学ぶのかと言われればそうではなく、その内容は例えるなら道具の扱い方を教えてもらうようなもので、その道具で何をするかまではあまり触れられることはありませんでした。 そこで、せっかく得た道具と扱い方を何かに活かせないかと考えた私が目をつ

競走馬の怪我について

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 僕はウマ娘なるコンテンツの流行の波にのまれ、日夜ウマの育成に勤しむ毎日ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか こちらはウマ娘の流行りもあってか、最近は競馬に手を出す知り合いも増え、週末には予想で盛り上がっています ただ、楽しいだけで終われないのが競馬の辛いところです 予想が外れるくらいなら財布が寒くなる程度で済みますが、生物を扱う以上は、不慮の事故がつきも