Sラボについて

12月20日(月)からSラボの冬期・直前講習が始まります。見学も可能なのでご興味のある方は是非お越しください。また、2月から中学受験部および中高一貫部も開講予定です。詳細はHPもしくはメールにてお問い合わせください。


開成高校に通うSラボ生が寄稿してくれた当塾の紹介文を載せます。


Sラボについて                                                 開成高校2年 黒澤怜良

「Sラボとは何か、一行で記せ」と問われて、端的かつ正確に答えることは簡単ではありません。勿論「大学受験の為の塾である」と答えることは容易ですし、その答えは一切間違っていません。しかしながら、Sラボの魅力や特色を余すところなく伝えるとしたら、その回答では全く不十分なものとなるでしょう。 そこで自分なりのSラボの魅力について考えることとします。 まず、一般的な大学受験塾と同様に、通塾している生徒の志望大学合格がSラボの塾としての目標の一つであることは至極当然で疑う余地もありません。ですが、Sラボにおける学習が見据えている目標が、生徒が大学に合格した後、大学で勉強する時や社会に出てからの生活の中でも活かすことができる良質な学習土壌の獲得であることは明らかであるように思われ、それが他の大学受験塾とは違う、Sラボの最も重要かつ大きな特色であると考えます。 Sラボの授業は単なる問題演習や知識の詰め込みの類ではありません。 仮に最も適切かつ簡略な形容を試みるとすれば、教材を使いながらも、その問題にとどまらず、もっと視野の広い物事の捉え方を学ぶというようなものとなるでしょう。例えば、英語の授業においては文の論理構造に着目して、そこから答えを得るための手がかりを得る方法を学びつつ、その英文の背景にある現象について思考します。 英語を学びながらも、一方では現代文のように論理構造を把握する術を学び、また一方では哲学や社会学など多種多様な学問についての思考を通して見識を広めることが可能な場がSラボであり、そして、このような塾の在り方を可能にしているのは、偏に桜井先生の非常に特殊かつ華々しいご経歴と、それに裏付けられた学問分野に縛られない幅広い知識の存在に他ならないでしょう。 他の塾では決して味わえない、真の知の探究を学べる場所、それがSラボなのだと僕は思います。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんばんは、Sラボチューターの齋藤です 国家試験に向けて、学生同士で担当教科を決めて持ち回りで勉強会を開いているのですが、自分の担当分の勉強会がおわる頃には、ふだん他人と話す機会が少ないのもあってか、喉がガサガサになって完全に痛めてしまいました 今回は大丈夫だとは思いますが、風邪を引く時には初めに喉の調子が悪くなることが多いので、少しばかりビクビクしています 受験生の皆さんも、この時期は体調を崩し

こんにちは!チューターの永田です。受験本番もいよいよという時期に差し掛かってきましたので、今回はタイトル通り「試験本番、休憩時間にやることのおすすめランキング」を実体験を踏まえて作りました!(かなり最悪な内容ですが、今では心から深く反省しています。すみませんでした。) 1. 大音量で音ゲーをやる おすすめ度 : ★★★☆☆ 試験会場では、休憩の短い時間を駆使して単語やら何やらを少しでも頭に詰め込

Sラボチューターの佐々です。 ここ数日で朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。 特に受験生の皆さんは、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。 今回は、私の受験当日の体験談を少しお話ししようかと思います。 私が受験生だった時は、最後のセンター試験の年でした。 試験当日はとても冷え込み、雪まじりの雨が降るような日でした。 試験会場は、確か明星大学日野キャンパスでした(中央大学だったかもしれません